アマゾンギフト券

Amazonギフト券が登録できないケースが多発!その原因と解決法とは?

Amazonギフト券が登録できない原因と解決法とは?

総合通販サイトのAmazonで利用できるAmazonギフト券は、利用者も多く、最近では贈り物や結婚式の2次会などでの賞品として人気があります。通常Amazonギフト券には、ギフト券番号と呼ばれる14、15桁の英数字が割り振られており、それをAmazonのアカウントに登録するとAmazonギフト券残高に加算されますが、中に登録できないケースがあります。この記事では、登録できない原因とその解決方法を解説していますので、是非参考にしてください。

助さん
助さん
ご隠居!この間、江戸幕府プレゼントキャンペーンで当たったAmazonギフト券が登録できないのです!せっかくいろいろ買い物しようと思っていたのに・・・。どうにかなりませんか?
黄門様
黄門様
なんと!あのキャンペーンで当たったのは助さんじゃったか!羨ましい限りじゃ・・・。で、そのAmazonギフト券が登録できないのじゃな。確かAmazonギフト券はお銀が詳しいはずじゃ。お銀や教えてあげなさい。
畏まりました。ご隠居。
お銀
お銀

入力間違いであるケース

Amazonギフト券のギフト券番号は、必ず半角英数字で入力しなければなりません。全角での入力はエラーとなってしまいます。また、英字の「o」(オー)と数字の「0」(ゼロ)や英字の「z」(ゼット)と数字の「2」、英字の「l」(エル)と数字の「1」など間違えやすい文字もありますので、注意して下さい。また、何らかの事情で正しいギフト券番号が読み取れないケースがあります。例えば、コンビニ等で販売されているカードタイプは、カード裏面のコーティングされた部分をコインなどで削るとギフト券番号が出てきますが、強く削ってしまうとギフト券番号の一部分が正しく読めなくなることがあります。その結果、間違ったギフト券番号を入力してしまうことも起こり得ますので、コインで軽く削り、出てきたギフト券番号は余分に削れていないか確認してから入力することをお勧めします。尚、文字が判別できない程強く削ってしまった場合は、Amazonのカスタマーサービスに連絡しなければなりません。

助さん
助さん
確かに間違えやすい英数字は結構ありますね。自分ももう一度確認してみたら英字の「b」と数字の「6」を間違えて入力していました。
そうですね。声に出しながら入力すると、目視で入力するよりも間違えにくくなりますよ。
お銀
お銀

有効期限切れのケース

Amazonギフト券には有効期限があります。現在はどのタイプのAmazonギフト券も一律で、発行から10年間と決まっていますが、2017年4月23日以前に発行されたものは、シートタイプは3年間、その他は1年間となっています。従って、自分が利用するために最近コンビニ等で購入したAmazonギフト券であれば、有効期限切れを気にする必要はありません。一方、商品などでもらった場合や部屋の片付けをしていて見つかった場合、オークションサイトなどで購入した場合は、Amazonギフト券は有効期限が切れている可能性があります。万が一有効期限が切れていた場合は、カスタマーサービスに連絡し、延長を申し出て下さい。必ずではありませんが、延長してもらえる可能性があります。

助さん
助さん
事前に有効期限を調べる方法はありますか?
ありますよ。多くは、Amazonギフト券右下に有効期限が記載されていますが、もし記載がない場合は、カスタマーサービスで教えてもらえます。
お銀
お銀

既に登録済であるケース

Amazonギフト券を登録しようとすると、「こちらのギフト券は既に登録済みです。」というメッセージが表示されることがあります。この場合は、先ずAmazonサイト内の「残高・利用履歴」から「ギフト券やショッピングカードの利用履歴」をクリックしてください。登録されたAmazonギフト券が表示されますので、下4桁で同一番号があるかどうかを確認してください。もし、同一番号があるのであれば、過去に登録したAmazonギフト券ですので、重複して登録することはできません。手元にあるAmazonギフト券は破棄してかまいません。一方で、同一の番号がなかった場合、そのAmazonギフト券は他のアカウントで登録されているということになります。例えば、何かの商品や景品、もしくは転売サイトやオークションサイトなどで購入したAmazonギフト券の場合、このようなことは起こります。先ずは入手元に確認してください。もし、入手元が転売サイトやオークションサイトなどの場合、Amazonでは正規の販売店以外での売買を禁じており、Amazonギフト券に関するトラブルは一切保証してくれません。カスタマーサービスに問い合わせても、対応してくれない可能性が非常に高いので、出品者もしくは転売サイトやオークションサイトなどの運営者に確認してください。可能性は非常に低いですが、転売サイトやオークションサイトの運営者が保証してくれることがあります。

助さん
助さん
Amazonでは、転売サイトやオークションサイトなど正規の販売店以外での入手は禁じており、ケースによってはAmazonギフト券が利用できないように凍結したり、アカウント停止などの措置を取っているんですよね。
よくご存じですね。その通りです。従って、最近ではAmazonギフト券の出品を禁止しているオークションサイトもあるようですね。
お銀
お銀

不正入手であるケース

転売サイトやオークションサイトなどに出品されているAmazonギフト券は、詐欺などの犯罪に利用された可能性があります。例えば、アダルトコンテンツの架空請求や出会い系サイトなどで、購入させたAmazonギフト券のギフト券番号を送らせ、詐欺集団はそれをオークションサイトなどで転売することで儲けています。そして犯罪にAmazonギフト券が利用された場合、警察にギフト券番号と共に被害届が出されます。このようなAmazonギフト券であることを知らずに転売サイトやオークションサイトで購入してしまうと、登録の際に「この度はお客様がお持ちであるAmazonギフト券につきまして不正な手段により当サイトから発行されたギフト券であることが判明しました。」というメッセージが表示されます。この場合も、Amazonのカスタマーサービスに問い合わせても対応してもらえませんので、出品者もしくは運営者から返金してもらう他ありません。万が一、このようなAmazonギフト券を入手してしまった場合は、警察や消費者生活センターに届け出るようにして下さい。

助さん
助さん
犯罪に利用されたことを知らずに購入したのに、返金してもらえないことってあるんですか?
残念ながら出品者や運営者に連絡をしても、返金してもらえる可能性はかなり低いです。Amazonギフト券は正規の販売店で購入することをお勧めします。
お銀
お銀

レジを通っていないケース

仮にコンビニでAmazonギフト券を万引きしても登録できません。何故ならコンビニ等で販売されているAmazonギフト券は、レジを通すことで利用できる状態となるPOSAカードだからです。正規の販売店で購入したにもかかわらずAmazonギフト券が登録できない原因として、レジを通っていないケースが考えられます。特に複数枚数を購入した場合などは、起こる可能性が高くなります。このような場合は、購入した際のレシートを持って、販売店で確認してもらってください。

助さん
助さん
レジを通っていないなんて、お金払う時に気づきそうなものですけど・・・。
1枚だけ買う時には起こらないでしょうが、他の買い物と一緒の時や慌てている時などは起こりそうですね。
お銀
お銀

それでも解決しない場合は?予防策はあるの?

Amazonギフト券が登録できない原因として、以下の5つのケースを解説してきました。

・入力ミスであるケース

・有効期限切れのケース

・既に登録済みであるケース

・不正入手であるケース

・レジを通っていないケース

これで登録できないことがあっても、ほぼ解決できるはずです。それでも解決しない場合や、万が一この5つのいずれにも当てはまらない場合は、どのように対処したらよいのかを解説していきます。また、併せて今後登録できない事態にならないようにするための効果的な予防策について解説していきます。

助さん
助さん
5つの原因に当てはまらないケースってあるんでしょうか?
先ずありません。しかし、原因不明といったケースもないわけではありません。そのような場合の解決策を見ていきましょう。
お銀
お銀

解決できない時はカスタマーサービスに連絡を

どうしても解決できない場合は、カスタマーサービスに問い合わせるしか方法はありません。カスタマーサービスへの連絡方法ですが、先ずログインしたら「ヘルプ」をクリックします。ヘルプ画面で「問題が解決しない場合は」を選択し、「カスタマーサービスに連絡」をクリックします。そして「お問い合わせ内容」は「その他」を、「お問い合わせ方法」は「電話」を選択して、完了です。早ければ1分以内にカスタマーサービスより、登録している電話に連絡があります。場合によっては、購入の経緯等を聞かれることがありますので、Amazonギフト券や購入した時のレシートなどは、手元に準備しておくことをお勧めします。

助さん
助さん
困った時はカスタマーサービスに連絡すれば良いんですね。
確かにそうですが、カスタマーサービスが対応してくれるのは、正規の販売店で購入したAmazonギフト券です。転売サイトやオークションサイトで購入したものは対象外です。
お銀
お銀

チャージタイプに変更しておく

自分が利用するためにAmazonギフト券を購入するのであれば、チャージタイプがお勧めです。チャージタイプは特殊なタイプであり、支払いが完了した時点で自動的にAmazonギフト券残高に加算されますので、ギフト券番号自体が存在しません。従って、登録できないストレスから解放されます。また、チャージタイプには以下のような特徴があります。

・一定金額を設定し、無くなると自動的にチャージされる「オートチャージ」機能が利用できる。

・クレジットカードやコンビニ支払いの他、電子マネーやATM、ネットバンキングなど支払い方法が多様。

・チャージでもポイント付与。プライム会員であれば付与率さらにアップ。(支払い方法に条件あり)

・有効期限は10年間。

・Amazonギフト券購入には利用不可。返金も不可。

チャージタイプの利用には、大きなデメリットは見当たりません。不要なトラブルやストレスを避ける意味でも、チャージタイプを利用しておくことをお勧めします。

もらったAmazonギフト券は要注意

Amazonギフト券は正規の販売店以外での購入を禁じています。そのため転売サイトやオークションサイトで購入したAmazonギフト券は、不正入手としてAmazonギフト券の凍結やアカウント停止措置といったペナルティの可能性があります。これは、結婚式の2次会での賞品や懸賞などでもらったAmazonギフト券でも起こる可能性があります。例えば主催者が、費用を少しでも節約するために商品のAmazonギフト券を転売サイトやオークションサイトで購入することも十分あり得るからです。従って、もらったAmazonギフト券は注意しておかなければなりません。万が一、凍結などの措置が取られてしまった場合は、カスタマーサービスに事情を説明するとともに、入手元に問い合わせるようにして下さい。ケースによっては、入手元からカスタマーサービスに連絡をしてもらう必要があります。

慌てることなく、先ずは原因究明を

Amazonギフト券が登録できない原因は、解説した5つのケースであることが殆どです。登録できないと慌てがちですが、先ずは原因を明確にすることから始めてください。そして、仮に原因が明確だけど解決できない、もしくは原因が不明である場合は、カスタマーサービスに問い合わせてください。