アマゾンギフト券

Amazonギフト券のふるさと納税とは?やり方や特徴などを確認しよう

黄門様
黄門様
ふるさと納税によってAmazonギフト券が手に入るようじゃな。どのように入手できるのか確認してみるのじゃな

Amazonギフト券がふるさと納税の際にもらえるのは

ふるさと納税は地方自治体に寄付することで納税とみなされ、利用者は寄付金額に応じて商品のお返しやサービスの提供を受けることができます。地方自治体によって返礼のやり方はいろいろありますが、自治体によってはAmazonギフト券を贈ることを選んでいます。

このAmazonギフト券の返礼はふるさと納税の中でも人気があるのですが、それには2つの理由があります。紹介していきましょう。

ふるさと納税の返礼でAmazonギフト券は人気があるようだね。どんな理由で人気があるのか確認してみよう
お銀
お銀

Amazonで商品の購入ができるため

Amazonギフト券はAmazonで商品購入するときに使用することができます。Amazonは国内でも最大級のネットショッピングサイトであり、飲食、家電、ギフト券、家具、どんなものでも購入することができます。

ふるさと納税の返礼で食べ物や飲み物などが贈られても、自分の希望のものでないなら、もらっても嬉しさは半減します。しかし、ふるさと納税の返礼でAmazonギフト券なら、Amazonでもらった金額分を好きな商品購入に使用することができます。

Amazonギフト券は限りなく現金とに近い存在なので人気があり、返礼品として設定しています。

助さん
助さん
Amazonギフト券はAmazonで好きな商品を購入できるので、ふるさと納税で人気がある返礼品のようですね

有効期限が長いので期限を気にしなくて済む

Amazonギフト券は有効期限が長いので、利用に余裕を持つことができるのも人気の1つです。Amazonギフト券は以前ほとんどのタイプが1年のみの有効期限であり短い期限でしたが、今は10年間の期限となっているので、ほぼ期限を気にせずに利用することができます。

食べ物や飲み物であれば賞味期限があるので長く保管しておくことは出来ず、早く処理する必要があるので期限に余裕が持てません。しかし、Amazonギフト券で10年もの期限があれば期限切れで使用できなくなることはほぼなく、利用者にとっては使い勝手がいいです。

ふるさと納税をしてくれた方に「返礼品の使用を焦らせない」という点でAmazonギフト券は便利です。

Amazonギフト券は有効期限が10年と長いことも人気の1つのようですね。利用者にとっても余裕が持てるのがメリットのようですね

換金にも利用できる

Amazonギフト券は換金することも可能です。Amazonギフト券はネットオークションやギフト券の買取店で換金することが可能です。換金率も90%以上で買取りしてくれるので、商品としては交換金率を提示しています。ふるさと納税で得たAmazonギフト券を買取店で換金するなら還付金のような形で現金をもらうことが可能なので、お金として得ることが可能です。Amazon内で買い物を行わない人も換金する用途があるので、どんな人でも使い道があると言えるでしょう。

Amazonギフト券は換金として利用することもできるようだね。換金率も高いので商品としてお得だね
お銀
お銀

ふるさと納税でAmazonギフト券がもらえるサイトとは

ふるさと納税による返礼品としてAmazonギフト券が欲しいなら、どのサイトを利用すればいいの確認しておくことが大事です。ふるさと納税によるAmazonギフト券の返礼は以下のサイトで利用することができます。

黄門様
黄門様
ふるさと納税によるAmazonギフト券の返礼は1つではないようじゃな。それぞれのサイトに特徴があるようじゃから、1つ1つ確認してみるのじゃな

ふるさとプレミアム

ふるさと納税の返礼品としてAmazonギフト券を設定しているサイトに「ふるさとプレミアム」があります。「ふるさとプレミアム」は高還元率キャンペーンを実施しており、エントリーして寄付をするときにキャンペーンコードを入力するだけでAmazonギフト券何%分かもらうことことが可能です。5月は6%還元キャンペーンをしており例えば、1,0,000円を寄付した場合、「ふるさとプレミアム」から600円分のAmazonギフト券をもらうことができます。

ただ、 Amazonギフト券をもらうときは条件があり、

・無料登録してログインした上で寄付をする

・キャンペーンコードを使用

・クレジットカードでの支払い

の3つです。

ふるさと納税でもらったAmazonギフト券のコードは、寄付の申込みを行なって翌々月中にマイページで発行され、受取り期限が発行から180日以内となっています。キャンペーンは度々実施しているので利用を考えることができます。

助さん
助さん
Amazonギフト券の還元6%は嬉しい返礼ですね。条件を確認してふるさと納税を得ることができますね

ふるさと本舗

ふるさと納税の返礼品として、Amazonギフト券を提供しているサイトは「ふるさと本舗」があります。「ふるさと本舗」はAmazonギフト券の還元キャンペーンを実施しており、2021年の5月は寄付金額10,000円以上で5%の還元となっています。

10,000円寄付すれば500円のAmazonギフト券をもらうことができお得です。返礼品であるAmazonギフト券の受取りは翌々月に発行され発行日から180日以内に受取る必要があります。

「ふるさと本舗」は毎月Amazon還元キャンペーンが変わっており、2021年の6月では3%分のAmazonギフト券の還元キャンペーンを実施します。ふるさと納税でAmazonギフト券の返礼を狙うなら「ふるさと本舗」の利用も検討できるでしょう。

ふるさと本舗はAmazonギフト券の還元が5%または3%など、毎月変わっているようだね。キャンペーンを狙ってAmazonギフト券の入手を考えてみよう
お銀
お銀

ふるなび

ふるさと納税によるAmazonギフト券の返礼は「ふるなび」を利用することも可能です。「ふるなび」はエントリー条件を達成された方に4%分のAmazonギフト券を得られるキャンペーンを実施しています。

2021年5月は4%分のAmazonギフト券の還元キャンペーンを実施していますが、クラウドファンティングの利用者が1%増加の最大5%分のキャンペーンを得ることが可能です。

「ふるなび」でAmazonギフト券の還元を得るための条件は

・会員登録してキャンペーンエントリーを行う

・クレジットカードによる支払いを行う

・クラウドファンティングの利用で1%増加

となっています。

「ふるなび」も毎月のキャンペーンによって還元率や条件が変更することもあるため、しっかり条件を達成できるようにしましょう。

黄門様
黄門様
ふるなびはクラウドファンティングなら1%の還元率増加などおもしろい取り組みをしておるの。条件を確認して利用してみることができるの

さとふる

Amazonギフト券の還元サービスは「さとふる」を利用することも可能です。「さとふる」は2021年5月は3と8が付く日にアプリでエントリーして寄付をすると、金額の最大5%分のAmazonギフト券をもらうことができます。

キャンペーンは頻繁に行っており、毎回オリジナルの返礼サービスをしているので、Amazonギフト券の還元サービスを狙うことができます。

獲得の条件は
・会員登録をしてエントリーをおこなう
・アプリ経由で寄付をする
の2つの条件のみで達成できるので、簡単に行えます。

ふるさと納税でAmazonギフト券の還元を狙うなら「さとふる」による応募も狙うことが可能でしょう。

さとふるではアプリ経由や3と8の日が付くときは還元率アップなど、おもしろい取り組みをしていますね

ふるさと納税のAmazonギフト券受け取り方とは

ふるさと納税を行って条件を達成してAmazonギフト券を得ることができれば、しっかり受取ることが大事です。ふるさと納税のAmazon還元は180日以内に受取る必要があるので、条件達成すれば直ぐに受取ることがおすすめです。Amazonギフト券の受取り方と使い方について紹介します。

助さん
助さん
Amazonギフト券は受取ったなら使うことが大事ですね。どのように受取り使用できるのか確認しておきましょう

Amazonギフト券受取り方

ふるさと納税によって得られたAmazonギフト券は、Eメールやマイページ上で受取るタイプが多いです。Amazonギフト券はいろいろなタイプがあり、カードタイプやシートタイプなどがありますが、ふるさと納税でこのタイプで返礼を受けることはありません。

そのため、Amazonギフト券で基本的にEメールタイプで受け取ると思っておきましょう。ふるさと納税の返礼として受け取ったAmazonギフト券コードは有効期限があります。有効期限が切れる前に登録をしないと消滅してしまい、せっかくの返礼が無駄になってしまいます。

Amazonギフト券は受け取ったなら直ぐに自分のアカウントに登録するようにしましょう。

ふるさと納税によるAmazonギフト券はEメールタイプとなるようだね。期限にも注意してEメールで送られてきたコードを自分のアカウントに登録しよう
お銀
お銀

Amazonギフト券の使用方法

ふるさと納税で得たAmazonギフト券はアカウントに登録することが大事です。アカウントの登録はマイページにアクセスしてから「ギフト券」をクリックしましょう。その後に「アカウントに登録」という部分があるのでクリックします。するとギフト券番号を入力することができる項目があるのでコードを入力しましょう。コード入力にミスがないなら「アカウントに登録する」をクリックします。これでAmazonアカウントにギフト券が登録されているでしょう。Amazonギフト券の登録は難しくないので、登録して商品購入などに利用しましょう。

ふるさと納税で得たAmazonギフト券は普通のギフト券と同様にアカウントに登録すればいいようですね

ふるさと納税を行う前に確認しておく内容とは

自治体に寄付をするためのふるさと納税先を決めたとしても、申込む前に確認しておくべきポイントがあります。ふるさと納税を行うときに、いろいろなメリットを期待して申込むはずですが、注意点も考慮してから利用するようにしましょう。

黄門様
黄門様
ふるさと納税を行う際は確認しておくべきポイントがあるようじゃな。自分の期待通りとなっているのか確認しておくのじゃな

寄付金額は上限が決まっている

ふるさと納税によるAmazonギフト券の還元をお得に得るために「たくさん寄付をしたい」と思うでしょう。しかし、寄付金額は自分の年収や家族構成によって上限が決まっています。上限が決まっているのは自分が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。

例えば、年収が400万円ある人は43,000円までの寄付であれば自己負担2,000円を引いた41,000円が翌年所得税と住民税から還元され控除されます。つまり年収による上限設定をしないと翌年の控除や還元が底知れず大きくなってしまいます。そのため、自分の年収や家族構成を考えると自分の希望した金額でのふるさと納税が行えないこともあるので、注意しましょう。

助さん
助さん
ふるさと納税は控除や還元の影響から上限金額が決まっているようですね。年収と家族構成によって決まるため、自由に納税金額を決められないことを覚えておきましょう

控除目的なら確定申告を行う必要がある

ふるさと納税を行うことで所得税や住民税などの税金控除に利用できます。しかし、税金の控除を受けたいなら、寄付をしてから確定申告を行う必要があります。確定申告をしないと「ふるさと納税を行った」という証明をすることはできず、税金の控除に利用することができません。

確定申告は毎年2月15 日〜3月15 日の間に行うため、この時期に書類を国税庁の公式サイトからダウンロードして記載していく必要があります。また、翌年控除を受けるなら今年の12月31日までに寄付の申込みを済ませる必要もあります。1月に入るとその年の控除は受けられないので注意しましょう。

ふるさと納税での控除を受けたい際は確定申告と納税する日の確認を行いましょう。確定申告は申請の時期が決まっているので、忘れないようにしてください[/word_balloon]

返礼品としてアマゾンギフト券

ふるさと納税を行う際にAmazonギフト券を返礼品としてもらうことができます。Amazonギフト券の返礼は全てのサイトではないので、取り扱っているサイトを選んで納税する必要があります。ぜひ、Amazonギフト券が欲しい方はふるさと納税での還元を狙ってみましょう。